音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

映画ブラフマンの感想

      2017/02/21

映画ブラフマン

まずはBRAHMANというバンドの紹介からはじまります。

紹介と言っても、ネット上で拾える様な断片的で表面的な紹介ではありません。

メンバーの家族、音楽仲間、文化人仲間、ビジネスパートナーたちがBRAHMANやメンバーについて語り尽くします。

作品やライブを通して触れるBRAHMANとはまた違った面を知ることができます。

カメラの前で語るだけじゃなく、箭内監督自らメンバーの実家に迫ったりしてBRAHMANを掘り下げています。

なんと、旧メンバーであるNABEの家族やDAISUKE(声のみ)も登場します。

正直、これほどBRAHMANというバンドの核に迫った内容だとは思いませんでした。

そして、BRAHMANの作品づくりの現場にも深く迫ります。

「其限〜sorekiri〜」を生み出す苦悩がリアルに記録されています。

BRAHMANの独特な作品はこうして生まれるのか…と、息をのんで見入ってしまいました。

「映画 ブラフマン」は、BRAHMANのファンやバンドマンはもちろん、そうじゃない人でも何か大切なメッセージを受け取ることのできる映画だと思います。

音源やライブにはない、ドキュメンタリーという手法だから心に届くBRAHMANの魅力がたっぷり詰まった映画です。

映画ブラフマン情報

監督・撮影・編集 / 箭内 道彦
時間 / 120分
リリース / 2015年12月

Sponsored Link

 - その他