音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ベースで柔らかい音を出す方法

   

ベースの音を「硬い」とか「柔らかい」と言い表される事があります。

擬音語にするならば、硬い音が「バキバキ」「ゴリゴリ」なのに対し、柔らかい音が「モコモコ」「ベボベボ」となります。

最近の若いベーシストは、比較的硬い音を好んでいる様に思います。

確かに目立つしカッコいいです。

しかし、柔らかい音にもメリットがあります。

それは、硬い音よりもアンサンブルの中での抜けが良くなります。

バンド全体の演奏の中でも、しっかりとベースを感じる事ができます。

そんな「柔らかいベースの音」を意図的に出す方法を解説したいと思います。

イコライジングで柔らかい音を作る

ベース本体やアンプ、あるいはエフェクターのイコライザーの高域(HIGHとかTREBLE)をカットします。

これにより音の輪郭をぼやかせますし、アタックの音量を下げる事ができます。

参考ページ:イコライザーとは

ピッキングで柔らかい音を作る

フィンガーピッキング(指弾き)をする事で柔らかい音になります。

この方法はイコライジングよりも顕著に柔らかい音が出ます。

また「弦のどこピッキングするか」によっても音の硬さが変わってきます。

ネック寄りをピッキングする事で柔らかさが増します。

反対にブリッジ側をピッキングする事で硬さが増します。

参考ページ:ベースを指で弾くかピックで弾くか

Sponsored Link

 - ベース