音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ピック弾きが凄い13人のベーシスト

   

ベースに詳しい人なら、ピック弾きは「ダサい」とか「甘え」なんて意見を聞いた事があると思います。

確かに、過去の記事「ベースを指で弾くかピックで弾くか」でも書いた様に、指弾きの方が難易度が高いと思います。

また、スタンダードなのも指弾きの方だと思います。

しかし、世界にはピック弾きの凄いベーシストたちがいるのも事実です。

彼らは、指でも弾けるのに、自ら選んでピックで弾いています。

彼らを見ていると、ピック弾きを選ぶ理由が良く分かります。

ピック弾きには、ピック弾きにしか出せない迫力や硬い音、疾走感やアタック感があります。

そんなピック弾きが凄いベーシスト13人を紹介します。

ベースを指で弾くかピックで弾くか…、そんな事がどうでもよくなるほど、ピック弾きをものにした名手たちです。

Sponsored Link

ピック弾きが凄い13人のベーシスト

フミ

POLYSICSのベーシスト

Mike Dirnt

Green Dayのベーシスト

照井 利幸

BLANKEY JET CITYやROSSOなどのベーシスト

345

凛として時雨のベーシスト

Steve Swallow

ジャズ・ベーシスト

松井 常松

BOOWYのベーシスト

J

LUNA SEAのベーシスト

Sponsored Link

Chris Squire

Yesのベーシスト

TAIJI(沢田 泰司)

Xのベーシスト

EBI(堀内 一史)

ユニコーンのベーシスト

人時

黒夢のベーシスト

廣瀬 洋一

THE YELLOW MONKEYのベーシスト

ウエノコウジ

THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやthe HIATUSなどのベーシスト

■関連ページ

ベースを指で弾くかピックで弾くか

おすすめのベースのピック

Sponsored Link

 - ベース