音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ポリッシュでギター&ベースをお手入れ

   

ギターやベースのお手入れはとても大切です。

中には一生モノの高価な楽器を持っている人もいるでしょう。

つねにピカピカにしていると練習にも身が入りますし、汚れていない楽器は実際に演奏しやすいです。

垢などの汚れが落ちる事で滑りが良くなるのです。

そんな、汚れ落としやツヤ出しに必要な、ポリッシュによるお手入れについて解説します。

Sponsored Link

様々なポリッシュ

ポリッシュと一言でいっても、用途によって様々な種類があります。

指板用、ネック&ボディ用、弦用、ペグなどの金属部分用など、多岐にわたります。

手垢はアブラも含んでいるので、特に金属部分のメンテナンスは定期的にしっかり行いたいですね。

中には、どの部分にも使える万能ポリッシュなんてのもあります。

私は万能ポリッシュを使ったことがないので何とも言えませんが、弦楽器の汚れって主に垢なので、もしからしたら万能ポリッシュで充分なのかも知れません。

お手入れの仕方

ポリッシュ1

こちらは、島村楽器オリジナルのボディ&ネック用のポリッシュです。

このポリッシュを、楽器店などに売っている楽器用クロスに吹きかけ、楽器を磨きます。

汚れている部分を拭くときは少し抵抗感があるのですが、汚れが落ちるに従ってスベスベになり抵抗感が無くなっていきます。

このようにキレイになりました。

ポリッシュ2

Sponsored Link

ポリッシュとクロスは携帯しよう

よくライブ当日に「楽器をポリッシュで拭きて〜!」って思うことありませんか?

私はしょっちゅうあります。

ライブ当日はいつもより緊張していますので、手汗がよく出ます。

リハーサルでも緊張するので、手汗がついてしまいます。

手入れをして間もなければいいのですが、そんな時に限って長い間お手入れをしていなかったりすると、ネックの滑りが良くないせいでパフォーマンスが低下してしまうことがあります。

そんなことが無いように、ポリッシュとクロスは常に楽器ケースの中に入れるなどして、携帯しておくといいでしょう。

Sponsored Link

 - 機材・ガジェット