音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ライブのリハーサルを有意義に進めよう

      2015/12/31

ライブのリハーサルを有意義に進めよう

ライブの当日リハーサルは、本番で気持ち良く演奏する為に、オーディエンスに自分たちらしい良いサウンドを届ける為に、とても重要なものです。

そんなライブのリハーサルを有意義に進める方法を解説します。

Sponsored Link

リハーサル前の準備

当日のタイムテーブルの中で、リハーサルに割く時間は決まっています。

しかも、その時間の中で、全ての出演バンドのリハーサルを終わらせなければいけません。

ですから、リハーサル開始時刻になったらすぐに始められる様に、チューニングなどの楽器の準備をしておきましょう。

リハーサルの流れ

一般的なリハーサルの流れは「各メンバーで楽器のセッティング」→「PAさん主導の各楽器サウンドチェック」→「PAさん主導の全体のサウンドチェック」となっています。

この流れの中で、ステージ上で聞こえる中音(なかおと)と客席に出す外音(そとおと)を作っていきます。

外音に関しては、PAさんというスペシャリストがいるので、ある程度任せちゃっていいと思います。

ですので、中音作りを優先するといいでしょう。

中音を作る

中音は、可能であれば、いつものスタジオの様なバランスになるのが理想です。

聞こえづらい音があればその音を上げるのではなく、他を下げると言う引き算の考え方が理想的です。

また、PAさんに聞こえづらい音を伝えれば、ステージ前方や両脇にあるモニタースピーカーから音を返してもらうことができます。

そして、自分がリズムキープの軸にしている音を、特に大きく返してもらう様にしましょう。

例えば、ドラム3点(キック・スネア・ハイハット)だけを大きくしてもらうなどが可能です。

外音を作る

外音は、基本的にPAさんがその会場に合ったバランスにしてくれています。

しかし、自分たちのカラーと少し違う場合もありますので、ヴォーカルなどの楽器を持たないパートのメンバーが客席に降りていって確認するのもアリです。

また、信頼できるスタッフに頼むというのもひとつの手でしょう。

リハーサルが終わる前に

リハーサルが終わったら、アンプのツマミのセッティングなどをメモしておきましょう。

スマホのカメラなどで撮影しておくと、本番前にすぐに再現することができます。

リハーサルでやってはいけないこと

まずは、個人的な音作りをダラダラやることです。

そこで作った音が実際にお客さんに届くので、こだわりたい気持ちは分かるのですが、リハーサルで最も大事なのは中音と外音をちゃんと作ることです。

限られた時間でリハーサルをやるので、個人的な事に費やす時間は極力減らしましょう。

つぎに、演奏の練習です。

確かに、リハーサルという言葉は「稽古」とか「練習」という意味なので、練習したくなる気持ちは分かるのですが、やはりそれも音作りとは違います。

もちろん、中音も外音も完璧に作れて時間が余っているなら、残りの時間を好きに使って何も問題ありません。

リハーサルが納得いかなかった場合

多くの場合、一つのバンドがリハーサルに使える時間は短いです。

時には、納得いくまでリハーサルできない状態で終わらなければいけない場合もあるでしょう。

そんな時は己とメンバーを信じるしかありません。

お客さんにはきっと自分たちの思いが届いていると信じ、一生懸命に演奏するのみです。

PAさんもその道のスペシャリストですから、なんとかしてくれるでしょう。

因みに、フジロックやサマソニの様な超大型フェスにはリハーサルが無いと聞いたことがあります。

本番前の簡単なサウンドチェックだけらしいです。

あれだけの数のバンドが過密スケジュールで出ていますから、リハーサルなんてやってられる状況ではないのでしょう。

Sponsored Link

リハーサルで飛び交う用語

リハーサルの時に良く使われる音楽用語です。

上手(かみて)下手(しもて)

上手は客席からみてステージの右側、下手は客席からみてステージの左側のことを指します。

セッティング図などに自分の立ち位置に下手と書いてあっても、決して「コイツは演奏が下手(へた)だ」という意味ではありませんのでご安心下さい。

モニター

出演者用にステージ内に音を返すことです。

また、その為のスピーカーをモニタースピーカーと言います。

Sponsored Link

 - ライブ