音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

編曲を上達させる方法

      2015/12/30

編曲とは、既存の主メロディや歌詞を元に、それ以外の部分を装飾していくことを指します。

編曲をする人のことを、編曲家アレンジャートラックメーカーなどと呼びます。

楽曲のオケとかトラックとか言われる部分を作る人のことです。

音楽にオケが無く、歌だけだったら、どれだけつまらないことになるでしょう。

楽曲が楽曲であるために、編曲という作業は実に重要です。

そんな編曲が上達する方法について解説します。

Sponsored Link

世界の楽器の見聞を広げる

世界には、実にたくさんの楽器があります。

また、世界中の楽器メーカーが、日々新しい楽器の開発を進めています。

編曲家にとっても楽器の存在は大きく、新しい楽器にインスパイアされて、これまでにない編曲にトライするという話もよく聞きます。

世の中のあらゆる音楽を聴く

世界のあらゆる場所に、あらゆる音楽があります。

それぞれに音楽的な特徴があって、使用している楽器も違います。

自分の好きなジャンルや、好きな時代の音楽だけを聞いていても、編曲家としての幅は広がらず、深みも増していきません。

色んな楽器を弾けるようになる

編曲家なら、弦楽器や打楽器、鍵盤など、色んなが楽器もある程度弾ける方が好ましいと思います。

もちろん、人前で演奏できるレベルである必要はありません。

どの楽器にどういう役割があるとか、どういう演奏方法が基本なのかとか、知っておくと強いです。

コンピューター上で演奏情報を入力しているだけでは分からない、各楽器の細かいニュアンスを掴むことができるでしょう。

場数を踏む

編曲に限らず、何かに取り組む全ての場合に言えることですが、経験の蓄積や継続はやはり重要です。

編曲には、理論的な部分など、ある程度の型はありますが、教科書はありません。

教科書があったら、それこそ面白くありません。

その人だけの編曲をより洗練させる方法は、誰に教わることもできません。

有名なアレンジャーっていない?

「有名なアレンジャーは?」と聞かれても、私なんかはパッとは出てこないです。

それはきっと現代のポピュラーミュージックの在り方が理由にあげられるでしょう。

例えば、バンドであれば編曲は自分たちでやりますし、ソロのアーティストであれば、本人やプロデューサーが編曲をするケースが多いです。

つまり、編曲の腕前は素晴らしいが、その編曲も含めて「ナントカ」って肩書で語られてしまうのです。

例えば、アーティストとかプロデューサーとか、そんな感じです。

編曲という仕事だけを専門家に投げるという慣例が、現代のポピュラーミュージックでは一般的ではないからでしょう。

また、印税収入の割合も作詞や作曲と比べて少ないらしいです。

Sponsored Link

ヒップホップ界には有名なトラックメーカーがたくさん

一方、ヒップホップ界には有名なトラックメーカーがたくさんいます。

それは、ヒップホップというカルチャーの在り方が、上記のバンドやポピュラーミュージックとは違うからです。

ラップはラッパーが、トラックはトラックメーカーが作るという分業が確立しているカルチャーだからでしょう。

Sponsored Link

 - 創作