音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ベース弦の太さの違い

   

ベース弦

ベースの弦って、用途は同じ1弦なのに色んな太さが売っていますよね。
ベース弦のセットでも、ヘビーゲージからライトゲージまで、様々な太さの組み合わせで売っています。
そんなベース弦の太さによる違いについて解説します。

Sponsored Link

ベース弦の太さは演奏面と音に影響する

演奏面

まず演奏面に与える影響ですが、弦が太いと押さえづらく、細いと押さえやすくなります。
弦が太いとテンション(張力)が上がりますし、押さえる面積が増えるので、それだけ力を要することになります。
逆に弦が細ければ、押さえるのが簡単になります。

弦の太さは音にも影響を及ぼします。
太い弦は、音に重さや厚さを与えます。
ベースらしい音ですね。
逆に、細い弦は太い弦に比べて、極端に言えばペケペケとした音になり、重厚感は失われます。
また、太い分、それだけフレットとの距離が縮まりますので、弦を弾いたときに弦とフレットがぶつかりやすくなり、ビビりの原因にもなります。
そして、細い弦は逆にビビりにくくなります。

初心者におすすめのベース弦選び

ベース初心者で「どの太さを買っていいか分からない」って方は、まずは「レギュラー」とか「ミディアム」とか書かれたセットを選ぶといいでしょう。
レギュラーとかミディアムは、文字通り「通常」とか「中間」という意味ですから、失敗もないでしょう。
そして、自宅で練習したり、アンサンブルで音を合わせたりする中で、低音が物足りなければ太いものにしてみれば良いし、押さえるのが大変だったら細いのに変えたらいいと思います。
また、同じメーカーで同じ型番でも、全弦セット売りとは別に、一本ずつ売っている場合もあります。
なにも、メーカーから提案された組み合わせを使う事はないのです。
ですから、1弦だけ太めにしたいとか、4弦だけ細めにしたいなどの、自己流のチョイスもできます。

しかし、自己流でチョイスする際の注意点もあります。
必ず、同じメーカーの同じ型番で揃えましょう。
なぜなら、メーカーや型番が違うと、弦の素材や構造が違ってくるからです。
つまり弾く弦によって音のキャラクターが変わってしまうのです。
なので、太さの組み合わせは自己流でも、選ぶメーカーと型番は統一しましょう。

Sponsored Link

まとめ

弦が太いと

・押さえづらくなる。
・ビビりやすくなる。
・重くて厚いベースらしい音になる。

弦が細いと

・押さえやすくなる。
・ビビりにくくなる。
・ベースらしい重くて厚い音がやや失われる。

Sponsored Link

 - ベース