音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ベースを指で弾くかピックで弾くか

      2017/03/01

ベースを指で弾くかピックで弾くか

ベースの指弾きとピック弾きには、サウンドをはじめ大きな違いがあります。
卓越したベーシストを目指すなら、この違いを身につけ、使い分けられるのが理想的なので、結論から言うと「どっちもできるのがベスト」ということになります。
しかし、最初からどっちもやっておく、というのはハードルが高いです。
なので、初心者の内はどちらか一方に定め、スタイルを確立していけばいいと思います。
今回は指弾きとピック弾きの違いについて解説しますので、どちらか一方に決める材料にして頂ければ幸いです。
指弾きかピック弾きの違いを知り、得意な弾き方や目標とするベーシストや自分がやってるバンドのカラーなどを加味して決めましょう。

Sponsored Link

サウンドの違い

指弾き

豊かな低音域が出る。
柔らかい指で弾いているので、丸くモコっとした音になる。
ピック弾きより音が小さいため、アンサンブルの中で存在感を出す難易度が高い。

ピック弾き

ベースらしい音は失われる。
指より硬いピックが当たる事でアタック音が際立ち、硬くとんがったエッジの効いた音になる。
指弾きより強く弾けるため、音が大きい。

演奏面の違い

指弾き

細かいニュアンス(音の大小や強弱、抑揚のこと)が出しやすい。

ピック弾き

細かいニュアンスが出しにくい。

ジャンルや雰囲気の違い

指とピックではサウンドに違いを生むため、当然ジャンルや曲の雰囲気で使い分けられます。

指弾き

ジャズ、ポップスなど細かいニュアンスが求められるジャンルに合っている。
色気が出る。

ピック弾き

ロックやパンクなど、迫力や速さが求められるジャンルに合っている。
疾走感が出る。

見た目の違い

「ベースは指で弾くもの」という考え方は根強く、ベーシストっぽい画になるのは指弾きでしょう。

Sponsored Link

最後に、個人的な価値観も含むまとめ

指弾き

ベーシストであれば、やはり指弾きが基本だと思います。
ベースらしい音も、ベーシストらしい見た目も、指弾きならば自然に得られます。
また「ニュアンスを出す」とか「しっかりと強く弾く」とか「アンサンブルの中で存在感を出す」とか、卓越したベーシストになる為の試練の道も指弾きの方が険しいです。
ですが、道が険しいからこそベーシストとして大きくなります。
なので、特にこだわりがないなら指弾きを強く推奨します。

ピック弾き

音楽は自由の象徴ですから、どんな楽器をどんな風に弾くかなんて自由です。
上述した様な「ベースらしい」とか「ベーシストらしい」なんて誰に決められるものでもありません。
ピックという文明に力を借りることで得られる迫力や硬い音、疾走感やアタック感は指弾きに比べ、圧倒的にピック弾きが勝っています。
ロックやパンクと言った怒りを昇華させた様な音楽は、やはりピック弾きのベースが鳴っててほしいと思います。

Sponsored Link

 - ベース