音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

バンドの立ち位置が概ね決まっている理由

   

バンドの立ち位置って、やる側にしても、観る側にしても「なんで、あの位置なんだろう…」って思ったことがあると思います。

ボーカルが正面でドラムが後ろなのは分かりますが、ほとんどのバンドで観客から見て右(上手)がギター、左(下手)がベースという立ち位置になっていますよね。

その理由ですが、The Beatlesの立ち位置が一般的になり、今でもそれが受け継がれているとの説が有力らしいです。

実際に多くのライブハウスがその立ち位置を考慮してアンプや音響設備が配置されています。

だからと言って、絶対にその立ち位置で演奏しなきゃいけない訳ではありません。

自分たちのこだわりの立ち位置があるなら、基本的にはどんな会場でもスタッフがそれに合わせて対応してくれます。

会場のスタッフからしたら面倒くさいと思うかも知れませんが、バンドにそんなこだわりがあるなら仕方がありません。

とは言え、実際は立ち位置に強いこだわりを持っているバンドは多くありません。

そのスタジオ、その会場に合わせる、というのが普通だと思います。

Sponsored Link

 - バンド