音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ギターウルフ3年2カ月ぶりアルバム「チラノザウルス四畳半」リリース決定と人々の感想・レビュー

      2016/04/26

ギターウルフ

ギターウルフが、3年2カ月ぶりとなるアルバム「チラノザウルス四畳半 T-REX From a Tiny Space」をリリースすることが決定しました。
発売日は2016年5月11日です。
通算12枚目のフルアルバムとなる本作も、例よって全曲一発録りでレコーディングされた気合いの入った1枚となっています。

私がギターウルフのライブに行ったのは、10年以上前の名古屋ダイアモンドホールのワンマンでした。
ダイアモンドホールは、当時の名古屋のライブハウスクラスの中では最大(現在はZepp Nagoyaが最大)で、スタンディングで1000人は入り、天井も高くバンドの音がキレイに聞こえるハコでした。
私の中でその印象を大きく変えたのがギターウルフでした。
ギターウルフはとにかく爆音で、セイジはアンプ直でフルテン(全てのツマミを最大にすること)、ビリー(当時のベース)の音はブリッバリ、そしてトオルのパワードラム。
彼らの出す音が渦を巻き、キャパ100人くらいの狭いライブハウスなんじゃないかと思えるほど汗臭く熱い時間でした。
そんなギターウルフのスピリットは今も色あせる事なく、今も爆音を迸らせ続けています。

今回のアルバム「チラノザウルス四畳半」も一発録りということで、今から楽しみで仕方ありません。

Sponsored Link

「チラノザウルス四畳半 T-REX From a Tiny Space」収録曲

01. ジェットリーズン
02. チラノザウルス四畳半
03. アメーバーラブソング
04. アランドロンの逆襲
05. 恋のレイクタウン
06. 海とコーラ
07. ネッシームーン
08. 忍者のシーズン
09. バミューダの女王
10. ソ連のヒロシ
11. In the ギャラクシー

Sponsored Link

ギターウルフ「チラノザウルス四畳半」に関する人々の感想・レビュー

Sponsored Link

 - 音楽ニュース