音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ギターの種類とそれぞれの特徴

   

ギターの種類は大きく分けて

  • エレクトリック・ギター(エレキギター)
  • アコースティックギター
  • クラシック・ギター

の3つに分類され、さらにその中で様々なタイプに細分化されます。
それぞれのギターの特徴や有名プレイヤー、動画と併せて解説していきます。

Sponsored Link

エレクトリック・ギター

ギターの中でも、エレクトリック・ギターは実に多種多様なモデルが発売されています。
その中でも5つの主流タイプとそれ以外のタイプがあります。

ストラトキャスター

ストラトキャスター
ストラトキャスターは、フェンダー社が1954年から発売しています。
ストラトキャスターはフェンダーの固有の商品名ですが、フェンダー以外のギターでも同じような形をしていれば一般名詞としてストラトキャスターと言われたりします。
ストラトキャスターの特徴は、3つのシングルコイルのピックアップが搭載されている点でしょう。
それぞれキャラクターのあるピックアップを駆使し、様々なシーン・ジャンルに対応することができます。
さらに、アームが付いており、前後させることでビブラートをかけることができます。
ストラトキャスターを愛用していたギタープレイヤーと言えば、ジミ・ヘンドリックスです。
多彩な音作りが可能なストラトを駆使し、実に豊かな表現をしています。

レスポール

レスポール
レスポールは、ギブソンが1952年から発売しているモデルで、上記のストラトと双璧をなすエレキギターのワールドスタンダードです。
レスポールもストラト同様に、ギブソンの固有の商品名ですが、ギブソン以外のギターでも同じような形をしていれば一般名詞としてレスポールと言われたりします。
レスポールの特徴と言えば、ノイズに強くパワーのあるハムバッカーピックアップでしょう。
フロント(前)とリア(後)に2つのピックアップが搭載されており、手元のスイッチで「フロントだけ」「リアだけ」「フロントとリアをミックス」を切り替えることができます。
ノイズさえ味にしてしまうストラトと比べると、ややキャラは薄いですがキレイで太い音がでる優等生と言った感じです。
レスポールを愛用しているギタリストと言えば、ジミー・ペイジでしょう。
ギブソンからジミー・ペイジモデルのレスポールが発売されているほどです。

テレキャスター

テレキャスター
テレキャスターは、フェンダーの創業者であるレオ・フェンダーが開発しました。
このテレキャスターも、フェンダーの商品名が一般名詞として使われているパターンです。
テレキャスターは1949年からあると言われていて、上記のストラトやレスポールよりも歴史が古いとされています。
サウンド面でかなりキャラが立っていて、高音域が際立った「シャキシャキ」とか「ジャキジャキ」した歯切れの良い音が特徴のギターです。
ピックアップは2つのシングルコイルを搭載していて、スイッチで「フロントのみ」「リアのみ」「フロントとリアのミックス」を選択することができます。
テレキャスターを愛用していたギタリストと言えば、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのアベフトシでしょう。
アベフトシの一貫したカッティングスタイルとテレキャスター特有の歯切れの良い音は、高い親和性を得て唯一無二の表現を獲得しました。

SG

SG
1961年にギブソンが発売したギターで、Solid Guitarを略してSGと呼ばれています。
SGギター自体がとても軽く演奏しやすいのですが、その軽さゆえに立って弾く際にヘッドが下がってしまうというデメリットもあります。
サウンド面では、2基のハムバッカーピックアップを搭載しており、ノイズの少ないシャープな音が出ます。
SGを愛用しているギタリストと言えば、AC/DCのアンガス・ヤングでしょう。

セミアコ&フルアコ

セミアコースティックギター
セミアコースティックギターやフルアコースティックギターと呼ばれる、ボディに空洞部を持つギターです。
そのサウンドはかなり特徴的で、空気感のある温かみのある音が出ます。
ジャ〜ンと弾くときも、コード感のある美しい響きがします。
その為、ジャズギタリストが好んで使いますが、ロカビリーやロック系のギタリストにも人気です。
デメリットとしては、空洞部がある為にハウリングが起きやすいです。
セミアコ&フルアコを愛用するギタリストと言えば、ブライアン・セッツァーでしょう。
ロカビリーバンドのギタリストが好んでセミアコやフルアコを使うのは、ブライアンの影響がかなり大きいと思います。
また、セミアコ&フルアコを歪ませるという音作りが市民権を得たのも、ブライアンの大きな功績です。

その他

上記の5種類が主流のギターではありますが、他にも個性的なものがたくさんあります。
ギブソンのファイヤーバードやフライングV、フェンダーのジャガーやジャズマスターなど実に多種多様です。
音楽が自由である様に、楽器もまた自由なのです。

Sponsored Link

アコースティックギター

アコースティックギター
アコースティックギターは、弦を弾いた音がボディの空洞に響く様になっていて、音を電気的に増幅せずともかなりの音量を得られる構造になっています。
その為、ボディの素材や形によって著しく音のキャラクターが変化します。
他にも、フォークギターとか生ギターなんて呼ばれたりします。

エレクトリックアコースティックギター

大きな音が出るアコギでも、さすがにバンドの中では埋もれてしまいます。
直接マイクで拾う事もできますが、マイクから付かず離れずの距離を保つのが大変です。
そこで、エレクトリックアコースティックギター、通称エレアコと呼ばれるギターが誕生しました。
アコギの内部にマイクが搭載され、電気信号で出力できる優れモノです。
これにより、アコギ特有の血の通った温かい音をそのまま電気的に増幅することができる様になりました。

押尾コータローは、アコギ一本で多様な世界観を表現するギタリストです。

クラシックギター

クラシックギター
クラシックギターは、弦にガットやナイロンを使用したギターで、ガットギターとも呼ばれます。
金属の弦を張ったアコギやエレキと明らかに音が違い「ポロポロ」とした音が出ます。
フラメンコやボサノヴァ、タンゴなんかでクラシックギターが活躍します。

Sponsored Link

 - ギター