音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

欅坂46「サイレントマジョリティー」に対する人々の感想・レビュー

      2016/04/26

欅坂46「サイレントマジョリティー」

2016年4月6日、秋元康プロデュースのグループ欅坂46がデビューしました。
彼女たちのデビュー曲である「サイレントマジョリティー」は、リリース日の翌日にはiTunesのランキングで堂々の1位を獲得しました。
サイレントマジョリティー(声をあげない多数派)の歌詞は「群衆に埋没することなく自分らしいオリジナルな生き方をしようぜ!」といった内容になっていて、聴く者に問題を提起するメッセージ性の強い楽曲となっています。
「サイレントマジョリティー」のアートワークやMVも、群衆の象徴とも言える東京は渋谷を舞台としており、同曲のテーマが一貫して現れています。
MVでも、凛とした面持ちで上野隆博が手掛けた激しいダンスを踊っています。
デビュー曲からいきなり他のグループとは一線を画す攻め方を魅せている欅坂46のこれからに期待せずにはいられません。
また、同曲はファッションレンタルサービスアプリ「メチャカリ」のCMソングとして起用されています。

iTunesで探す

Sponsored Link

欅坂46「サイレントマジョリティー」に対する人々の感想・レビュー

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 音楽ニュース