音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

宇多田ヒカル「花束を君に」&「真夏の通り雨」に対する人々の感想・レビュー

      2016/04/26

宇多田ヒカル「花束を君に」&「真夏の通り雨」

宇多田ヒカルの2曲同時リリースの新曲「花束を君に」&「真夏の通り雨」が、2016年4月15日より主要配信サイトでダウンロード販売されました。
iTunesランキングでは1位「花束を君に」と2位「真夏の通り雨」にランクイン(4月18日現在)しております。
iTunesでは配信開始から2時間ほどでワンツーフィニッシュを決めており、その注目度の高さを伺うことができます。
それぞれ曲は既にタイアップしたメディアで人々の耳に触れており、宇多田ヒカルの約3年半ぶりの新曲にネットを中心に話題を集めていました。

筆者の感想としては、歌唱に対する姿勢が少し変わった様に感じました。
これまでは、細かいビブラートなどを駆使したテクニカルな歌唱で、少し聞いただけで宇多田ヒカルと分かるキャラの立った歌唱でした。
しかし、今回の2つの新曲は良い意味でキャラを抑えた、曲を構成する要素をトータルで聞かせる様な、一歩引いた印象を持ちました。
それによって、メロディや歌詞そのもの、世界観にすんなり触れることができ、シンガーソングライターとしての宇多田ヒカルを感じることができます。

「花束を君に」はNHK連続ドラマ小説「とと姉ちゃん」の主題歌、「真夏の通り雨」は日本テレビ「NEWS ZERO」のテーマ曲に起用されています。
この2曲は、日本国内のみならずアジアを中心とした世界中でも多くダウンロードされており、スーパースターの再始動に全世界が期待しています。
また、「花束を君に」&「真夏の通り雨」の歌詞&ショートバージョン試聴が、宇多田ヒカル公式サイトにて公開されております。

「花束を君に」の歌詞&ショートバージョン試聴
http://www.utadahikaru.jp/lyric/?hanataba

「花束を君に」をiTunesで探す

「真夏の通り雨」の歌詞&ショートバージョン試聴
http://www.utadahikaru.jp/lyric/?manatu

「真夏の通り雨」をiTunesで探す

Sponsored Link

宇多田ヒカル「花束を君に」に対する人々の感想・レビュー

Sponsored Link

宇多田ヒカル「真夏の通り雨」に対する人々の感想・レビュー

Sponsored Link

 - 音楽ニュース