音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

フジロック会場への様々なアクセス方法

   

フジロック アクセス

車でフジロックにアクセス

徒歩圏内の駐車場

車でフジロック会場に行く場合、徒歩圏内の「場内」or「白樺」or「浅貝」の駐車場がおすすめで、この3つの駐車場を利用する場合は、月夜野ICから行きます。
これらの徒歩圏内の駐車場の券を手に入れる為には、早い段階での購入が必要になります。
車で行く事が決まっているのであれば、できるだけ早く駐車券を買った方が良いということになります。

会場までシャトルバスで行く駐車場

他にも、「田代」か「みつまた」の駐車場が用意されており、この2つの駐車場を利用する場合は、湯沢ICから行きます。
「田代」「みつまた」の駐車場からは会場までのシャトルバスが出ています。

※上記の駐車場を利用する場合は、フジロックが販売している駐車券が必要になります。

Sponsored Link

新幹線及び電車でフジロックにアクセス

JR東日本「越後湯沢駅」まで行き、会場までシャトルバスで向かいます。
シャトルバスは往復で500円かかります。
また、越後湯沢駅からタクシーを使うという方法もあります。
タクシーを使えば、シャトルバスを待たなくて済みますね。
会場の苗場スキー場までは8000円前後するので、お金に余裕がある人は利用するといいでしょう。

オフィシャルツアーで全部おまかせ

フジロックが主催しているオフィシャルツアーも用意されています。
全国26都市から直行オフィシャルツアーが組まれており、全ておまかせで会場までアクセスすることができます。
ラインナップは豊富で、自分に合ったアクセス方法を選ぶことができます。
例えば、大阪に住んでいる人であれば、バスで直行するプランも、飛行機で羽田まで行き、そこからバスで直行するプランもあります。
また、アクセスするプランだけじゃなく、宿泊やキャンプまで組み込まれたものまであり、移動や宿泊の手配を一括で行うことができます。
フジロックのオフィシャルであるという点も安心できます。

Sponsored Link

まとめ

フジロック会場にアクセスする方法は色々あります。

まとめると、主な方法は

  • 自前の車で行く(要駐車券)
  • 各都市からバスで直行
  • 新幹線or電車→シャトルバスorタクシー
  • 飛行機→シャトルバス

になります。

Sponsored Link

 - フジロック