音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

ベースエフェクターの種類

   

ベースのエフェクターには種類がたくさんあるので、「歪み系」「加工系」「調節系」の3つに分類して解説します。

歪み系

オーバードライブ
ディストーション
ファズ
など…

「歪み系」のエフェクターでは、いずれも歪み成分を足し、つまみの上げ具合では音色がまるで変わる効果があります。
歪み具合で言うと、オーバードライブ < ディストーション < ファズと言った序列になるでしょう。
もちろん、メーカーによってキャラクターは異なり、オーバードライブでもキャラの濃いものもあれば、ファズでも控えめなものがあります。
「ベースの音をゴリゴリとかブリブリに歪ませたい」「エッジの効いた音にしたい」人にオススメのエフェクターです。

Sponsored Link

加工系

加工系のエフェクターは、本来に音になんらかの加工をし、聞こえ方を変化させる効果があります。
「ベースの音に色んな表情を持たせたい」「自分だけのベースの音色を追求」したい人にオススメです。

コーラス

音が重なった様な音に加工され、広がりのある効果を得られます。

フェイザー / フランジャー

音にウネリが加わります。

トレモロ

周期的に音量を波の様に変化させ、揺らめいてる雰囲気を出します。

リバーブ

バスルームで音を鳴らしている様な、反響音が加わります。
一般的にエコーと呼ばれる効果です。

ディレイ

出力される音を遅らせるエフェクトがかかり、やまびこの様になります。

ワウ

周期的にトーンを波の様に変化させ、その名の通り「ワウワウ」したエフェクトが得られます。

Sponsored Link

調節系

上述した「歪み系」や「加工系」と違い、明らかなエフェクト効果が分かりづらいのが「調節系」ですが、最も重要と言っても過言ではない種類のエフェクターです。

コンプレッサー

音量を均一化するエフェクト効果を持ちます。
大きい音は小さく、小さい音は大きくなります。
スラップ奏法の時などに、どの音も均一の音量で揃えたいときなどに重宝します。

リミッター

定めた大きさを超えた音のみ、音量をおさえるエフェクトがかかります。
演奏に安定感をもたらすことができます。

イコライザー

ベースの音を周波数ごとに調整できるエフェクターで、上げたい音域、下げたい音域を、個別に調整することができます。
アンサンブルの中でベースが抜ける音を作ったり、他の楽器とケンカする音域をカットする為に使います。

イコライザーとは

Sponsored Link

 - ベース