音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

Hi-STANDARD新曲「ANOTHER STARTING LINE」へのみんなの感想

      2016/11/14

Hi-STANDARD「ANOTHER STARTING LINE」

2016年10月4日、Hi-STANDARDが新譜「ANOTHER STARTING LINE」を発売しました。
「ANOTHER STARTING LINE」はタイトルチューンを含む4曲入りCD。

Hi-STANDARDが新曲を発表するのは2000年4月の「LOVE IS A BATTLEFIELD」以来約16年半ぶりです。
同曲は全くの予告やプロモーションなしでリリースされ、SNSなどでも喜びと驚きの声で賑わいました。

PIZZA OF DEATHのYouTube公式チャンネルでは、「ANOTHER STARTING LINE」のフルバージョンが公開されています。

販売方法

2016年10月4日の発売当初はCDショップでの店頭販売のみでしたが、10月26日に通信販売およびダウンロード販売が解禁になりました。

■PIZZA OF DEATH公式サイト(取り扱い店舗の確認ができます。)
http://hs.pizzaofdeath.com/

さらなる新譜

さらに、2016年12月7日には、カバー曲のみ収録のシングル「Vintage & New, Gift Shits」をリリースすることも公開されました。

■収録曲
1.I Get Around
2.You Can’t Hurry Love
3.Money Changes Everything
4.Happy Xmas(War Is Over)

ショートライブツアー開催

そして、ショートライブツアー「GOOD JOB RYAN TOUR2016」の開催も明らかになりました。
2016年12月3日の岩手COUNTER ACTION MIYAKOを皮切りに、宮城石巻・宮城仙台・新潟の4箇所でのライブが決定しています。

Sponsored Link

最高の復活

Hi-STANDARDは2000年の事実上の活動休止から約11年後、東日本大震災のあった2011年に復活しました。
2011年には横浜スタジアムで、翌年の2012年には念願の東北で、主催のフェス「AIR JAM」を開催しました。
活動休止後も音楽人として最前線を走っていた3人は最高のパフォーマンスを届け、音楽ファン、再開を待ち望んでいた昔からのハイスタファン、そして何より震災で傷ついた人たちに計り知れないほどの感動と元気を与えました。

そして今、あの3人が、Hi-STANDARDの3人が新曲を出すなんて、これほど胸躍ることがあるでしょうか。
今年2016年も12月に福岡でAIR JAMが開催されます。
きっと新曲も生演奏で聞けることでしょう!

CDショップに駆けつけるなんて何年ぶりだろう

1999年、Hi-STANDARDのアルバム「MAKING THE ROAD」がリリースされ、予約しておいたCDショップに駆けつけました。
家まで電車で30分が待ち切れずに、電車の中で開封しCDウォークマンで聞きました。

そんな私も、今では欲しい曲をデータだけ自分の端末に収める。
なんなら月々いくら払い、必要な時に音声データが格納されているサーバーに接続して聞くだけ。
所有さえしない。
目当ての曲よりカップリングされている曲にシビれる機会も、アートワークにこの手で触れる機会も減りました。

まぁ時代なんでしょう。

それにしても、こんな気持ちで街のCDショップに駆けつけるなんて何年ぶりだろう。

・関連記事
CDを現物で買う理由

Sponsored Link

CDショップ各店で売り切れ続出

TwitterなどのSNSでは、売り切れなんて情報も確認することができます。

確執とかあったでしょうけど

Hi-STANDARDの活動休止のことを語る時に、やはりメンバー同士の確執というキーワードが浮かび上がってしまいます。
実際に、本人たちが「不仲だった」って認めてるとか。

まぁ、でも、そんなものは誰にだってあるでしょう。
人間、一点の煩わしさも無い他人なんていません。
ましてや、本気で向き合い運命を共にした者同士だからこそ、すれ違うときのエネルギーも相当のものだったんだと思います。
そういう時の感情って、誰だって上手く言葉にできないと思います。

それでも、2011年のあの日、人間の無力さを感じずにはいられない自然の猛威を目の当たりにした東日本大震災。
あの日きっかけに再び横浜に立ち上がったHi-STANDARDの姿は、ただただ純粋なパンクロッカーでした。

Sponsored Link

 - 音楽ニュース