音の涙

ベースが聞こえない!を解消しよう

      2018/05/31

「ベースが聞こえない」
そういった声はベーシスト自身からも、また楽器を弾かない人からもよく聞きます。

ベースという楽器自体がアンサンブルの中で目立つ楽器でもなく音域的にも埋もれやすい特徴を持っているというのもありますが、ベースの認知度が他の楽器と比べて低いという理由もあると思います。
世の中の音楽再生環境も、他のパートに比べてベースにやさしくないという理由も考えられます。
移動中にイヤホンなどで音楽を聞いていると、車や電車の音と同化して埋もれてしまいますし、PCやスマホに内蔵されている様な廉価なスピーカーでは、充分な低音を表現するスペックでもありません…

…なんてのは言い訳にしかなりません!

ベースが聞こえないなら、ベースが聞こえないと言われるなら、ベーシスト自身の創意工夫で聞こえる様にしようじゃありませんか。
ベースが聞こえる様にする、その存在を認識してもらいやすくする、いくつかの方法を考えてみました。

Sponsored Link

強く弾く

ベースが聞こえない場合、単純に弦を弾く力が足りてない場合があります。
その場合、しっかりと弾くトレーニングをしたり、あるいは指弾きからピック弾きに変えてみたり、強く弾く為の方法を試行錯誤してみましょう。

ベースを指で弾くかピックで弾くか

アクティブベースに変える

こちらもやや力技に近い発想ですが、アクティブベースは信号を電気で増幅しているため、高音から低音、全てのレンジでフラットな音量が出ます。
強弱や抑揚を出しづらいためアクティブベースを嫌う人もいますが、ポジションによってベースが聞こえないという問題はほぼ解決できるでしょう。

「アクティブのベースを使う理由と経緯」の記事はこちら

モコっとかベボっとした柔らかい音にする

ベースのサウンドがアンサンブルに埋もれることによって、聞こえなくなってしまうケースは多々あります。

近年流行りのドンシャリはアンサンブルに埋もれやすいです。
今の、特に日本のロックシーンで勢いのあるバンドのベーシストは、多くがドンシャリを好んでいますね。
確かに、ベースの音だけを聞いたときに、ドンシャリって迫力があって、とんがっていて、ロックっぽくてカッコいいです。

ですが、優先すべきはバンド全体でまとまりがあるかどうかだと思います。
バンドアンサンブルでは、モコっとした、あるいはベボっとしたカマボコ(低音域と高音域が控えめで中音域が際立つ音作り)と言われる柔らかい音がよく混ざり、ベースの音がぬけやすいです。

ベーシストとしての好みの音はいったん置いといて、バンド全体の中でベースが際立つ音作りを追求してみてはいかがでしょうか。

ベースで柔らかい音を出す方法

Sponsored Link

アレンジを工夫する

この方法がもっともミュージシャン的で、トライすべきベストな解決方法です。
ベースが聞こえない場合、実は充分に鳴っているはずなのに「感じることができない」というケースが多々あります。
ドラムや曲全体に寄り添ったリズムで、ギターのルート音を忠実に守ったようなベースアレンジであれば、音楽や楽器に精通していない人はベースを感じづらいと思います。
それは「ベースの役割に真面目である」とも言える一方で「積極的に前に出ようとする存在感のあるベースではない」と言うことになります。
確かに鳴ってるのに、どれがベースか分からないのです。
「ベースなんだからそれでいい」というサムライ的な考えの人ならもちろんいいのですが、聞こえないなんて言われたら、やっぱり存在をアピールしたいと思う人も多いと思うんです。

そんな時は、アレンジを工夫しましょう。
例えば

  • オシャレな休符を増やす。(ベースは音が無くなるとよく分かるため)
  • ブレイクの時にグリスを入れるなど、バンドの中でベースだけが鳴ってる場所を増やす。
  • スラップで圧倒する。

などです。

ベースの存在を聞く人に感じさせるのは、アレンジだけで充分に可能です。
最後に、ベースのオシャレな休符が光る名曲を紹介します。
これぞまさに引き算の美学です。

馬渡松子「さよならbyebye」

Sponsored Link

 - ベース