音の涙・バンドやベースの初心者ガイド

おすすめのベースのシールド・モンスターケーブル

      2017/10/25

エレキベースは電子楽器なので、信号を伝える為のシールドケーブルが必要です。

ライブやレコーディングなど、どんな場面でも必要なアイテムなので、しっかりしたものを選びたいですね。

シールドケーブルには、長さやプラグの形など、様々なものがありますので、自分に合ったものを選びましょう。

Sponsored Link

シールドケーブルの長さ

楽器屋さんに行くと様々な長さのシールドケーブルが売っていますが、普通のライブハウスで普通に演奏する分には、ベースから足元のエフェクターまでの長さが3mあれば充分かと思います。

また、足元からアンプまでのシールドケーブルも3mで充分です。

大きい会場だとしても、それほど動き回らない限り、3m×2本で充分です。

ステージ上を縦横無尽に動き回る人は、それ以上の長さにしておくといいでしょう。

シールドケーブル先端のプラグの形

プラグの形は、先端がLの字になっているL型と、直線のストレートタイプがあります。

L型は引っ張られたときに、構造上抜けないので、ライブ中にシールドケーブルが抜けるというアクシデントは防げます。

Sponsored Link

おすすめはモンスターケーブル

おすすめのシールドケーブル

私のおすすめは、このモンスターケーブルです。

私は、10年以上、一度もシールドケーブルを買い替えた事がありません。

正確な型番が思い出せないほどです。

エフェクター間のパッチケーブルを除いて、3m×2本の同じモンスターケーブルをずっと使っています。

ライブでも、ステージの前方に出たり、反対側に移動したりと、動く方だと思いますが、シールドケーブルが抜けるというアクシデントは一度もありません。

何度も断線する勢いで踏んだこともあるのですが、未だにピンピンしています。

レコーディングでも、音質が気になったことはありません。

本当に優秀なシールドケーブルです。

 - ベース